華を追いかける日々

ここが俺たちの信じる場所だから

未来へ連れていってください

 

まずは!

Love-tune結成1周年おめでとうございます!!!!!!!

 

 

1年前、顕嵐くんは初めてのゲストという形でのクリエ参加を控えて眠れなかったままステージにいたりしたのかな。

まさかユニット変わるなんて考えもしなかった。好きになってからの帰る場所はずっと一緒だったから、移籍なんて信じられなかったけれど。この先は、顕嵐担が話すことだから、殴らないでくださいね。何年後に笑いとばしたい。


美勇人くんグレ期の時、ただシャワールームに突撃するらんれおが愛おしくて可愛くて最高で、ああ見えてきっと空気を読む2人だから、それも助けになっていたのだろうと思う。
ああ、 いいユニットだなと心から思えて、嬉しかった。顕嵐くんが4年間を大事にしまって自分の誇りにしてくれてるから、前に進める。心の底から、笑えるようになれた。

Jr.の間はグループの担当にはならない、と決めてるので、らぶ担にはまだならないけれど。
これから増える私が見る顕嵐くんの姿はきっとLove-tuneであって、輝きすぎて顕嵐くんは現状のまま収まる人じゃない、と思うことも実はあるけれど(例 : QLAP)、「グループに華を添える担当」という役割をくれたユニットに出会えて嬉しいよ。
"顔"という最大の武器を担当として掲げさせてくれてありがとう。

Love-tuneのパフォーマンスの強さと盛り上げがすきです。
顕嵐くんには一生踊ってほしいけど、バンドの前にアイドルして欲しいけど、バンドがメインでできるという唯一無二の武器に自信をもって突っ込んでいくらぶさんがすきです。
すぐに未来の話をするらぶさんには不安になることもあるけるど、きっとそれは今を全力で生きてるからだとパフォーマンスを見るたびに思います。


"I hear the future Call"

 

f:id:aaaaai955:20170521024654j:image

f:id:aaaaai955:20170521024615j:image

f:id:aaaaai955:20170521024635j:image

f:id:aaaaai955:20170521024708j:image

f:id:aaaaai955:20170521024724j:image

 

初めてLove-tuneを見たSLT大阪。SEVENCOLORSを歌う顕嵐くんに、7人に、胸を打たれました。選曲にグッときて、パフォーマンスに信頼できると心から思って。なるべくTravis Japanの頃を振り返らずに前だけを見て、Love-tuneを受け入れようとした頃もあったけれど、そんなことしなくても自然と認められるようになれたのは、らぶさんが大きな愛を奏で続けてくれたからかな、と思います。

今も書きながら、私、Love-tuneの話を明るくできてるよ!って感動してしまう。らぶ担ではなくても、好きです。普通に好きって言える。

この1年、1年じゃないほどいろんなことがあって、結成前の女性セブンから眺めてたら走馬灯のようにその時の感情がフラバして涙が出てきた。好きになれてよかったよ。ほんとうに、よかった。

 

怜央くん!私がLove-tuneを好きになれたのは99.9%あなたのおかげです!可愛い可愛い最年少とみんなのエピソードのおかげで好きになれたといってもほんとに過言ではない。怜央くんのおかげで、生活まで面倒見て甘くて時に厳しくて育ててる5人(とただ愛でてるだけの顕嵐くん)が大人でたくさんの魅力があることに気づけた。ほんとにありがとう。天真爛漫さを忘れずに、空男と共にたくさんの階段をLove-tuneで登っていってほしい。顕嵐くんに愛でられていてください。みんなに愛でられる顕嵐くんが唯一愛でる怜央くんという関係性を一生守り抜いてください。

美勇人くん!人より単純に2倍働いてるのに、常にあたたかい心でみんなを俯瞰して見れる美勇人くんはほんとうに尊敬します。顕嵐くんにとって、きっと宮近くんとは違う唯一無二の存在。腐れ縁といっていいのかわからないけれど。心の拠り所なのかな、と時折思います。はいはいあらみゅ!案件が最近多すぎて私は人生が楽しい。デレデレみゅーさんに黙って受け入れるだけかと思えばたまにデレるあらんらんってずるい。ずっとキラキラした兄弟でいてください。怜央くんにお兄ちゃんする美勇人くんが実は好きです。

れおみゅは、ほんとに私をどん底から救ってくれたと思ってる。ありがとう。

 

2人の話だけしても意味ないと思ったので全員。どうしても知識不足で量に差ができいるのはご了承ください。

 

萩ちゃん。萩ちゃんの音楽にかける情熱がLove-tuneの動力なのかな、とたまに思います。4人の時のクリエの写真から、今年の怜央くんにお兄ちゃんしてるところは不意にも涙が出てしまいそうだった。鬼教官がいるからこそ、バンドを自信持って武器だと高らかに宣言できるのだと思う。あるはる、改めはぎあらの絡みがもっと見たいな。「萩ちゃんは人間メトロノームだから!(ニコニコ)」

モロさん。顕嵐くんがモロさんのことをペンギンって言ってるのを見て、ほんとうに好きなんだな。と思えたから、私も好きです。楽屋散らかすから、最初はすごく心配していたけれど。ほんとにほんとに、いい人で。祭りでの煽りは必死なモロさんに全力で返したくなった。楽しみにしてます!盛り上げ隊長!

真田さん。ギターがほんっとうにお上手。美勇人くんに叱ったことも、顕嵐くんの顔面に憧れてらっしゃることも、なんだかすごく親近感が沸きます。なんでだろう。

安井さん。チーム覇の時から、お世話になりまくってると思う。個人的に1番掴めない人。この人が存在してるのは、安井謙太郎という概念の中なのか。"らんらん"って呼ぶのすっっごい可愛い。ずっと年齢不詳の最年長最小でいてほしい。夢を与え続けてほしい。怜央くんと添い寝し続けてほしい。

 

顕嵐くん。きっと、夢を追いかけて、あの場所から走り出したと信じています。知らぬ間にたくさんのことを知って、大人になってしまってる気がするけれど、あの頃の片鱗を昔からいる場所に求めていたこともあったけれど、どこにいても顕嵐くんは顕嵐くんであり、つくりあげる根底は何も変わらないのだと、1年間証明し続けてくれてるありがとう。ただ前だけを見て突き進む顕嵐くんがほんとうにだいすきです。(Gt.&Vo.)という立場、華を添える担当、キャーポイントを稼ぐ。この1年に課せられたもの、言葉にして明確に投げられるのは初めてだらけだったかもしれない。けれど、みんなの想像のはるかかなたをいく姿が誰よりもかっこよくて、そんな姿が現れたのもきっとLove-tuneのおかげ。刺激だらけの1年、辛くてしんどくて何度も涙を流したけれど、顕嵐くんのおかげで楽しかった。新しい居場所を見つけた顕嵐くんはすごく強くて何度もいうけれど、誰よりもかっこいい。たくさんの人のたくさんの想いを背負っても、尚、軽々しく高く飛ぶ顕嵐くんでいてね。

 

 

これからも、CALLと共に未来に連れていってください。たくさんの場所で爪痕を残してください。そして、たくさんの愛と音を届けてください。

 

 

もう3年、されど3年

 


最近あまり声を大にして言えなかったことがある。
顕嵐くんってかっこいいですよね!!かっこいいのに可愛い面影が隠しきれないから可愛いですよね!
自分の中で、顕嵐くんの見た目がしっくりきてないまま1年ほど過ごしていたので久々に言えた。今でも見た目が1番好きなところじゃないし、むしろ1番好きから遠いところに存在してる項目なのかもしれないのだけれど。私情のぞいて、客観的に見て、の話。

顕嵐くんが発光してる。久々に感じたこの感覚。ずっとずっと信頼しているけど、パフォーマンスや意識的なところではなく、今の顕嵐くんにはあの頃、好きになった頃の引力を感じるから、見ていていつも以上にうきうきする!私が好きになったのは画面の前だったから、画面越しに感じる発光が出てきて嬉しい。

この春。生で見たアイドルする顕嵐くんはやっぱりかっこよくて可愛くて新鮮にキラキラしていて。
発光してるだけじゃなくて、たまにあどけないクシャって笑う顔で踊るから、あの頃を思い出してキューってなって。顕嵐くんの現場にやっといけるようになった頃には、もうあの頃とは変わっていたダンス。それでも、私は画面越しに見ていたあの頃の面影をいつも探してしまって。見つけては、また胸がキューってなる。
KEEP ONの足や、仮面舞踏会の腰と足が人より少し忙しいから。反対側で踊る宮近さんが、あの頃と変わらない表情をしていたから。
こんなに顔が大人になってしまった、ダンスも落ち着いたし、表現に対する考え方も変わった、顕嵐くんの居場所も変わった。
それでも、顕嵐くんをつくる底の底は何も変わらなくて。イケイケオラオラチャラチャラになってもまだクシャって楽しそうに笑うから。踊るときのいろんな表情を見たいから。表情よりわかりやすい、好きなステップを踏んでいる時を見たいから。手の動かし方も、足の動かし方も、腰の柔らかさも、変わらないから。私はずっと顕嵐くんと走り続けるんだろう。


いつからこんなに重くなったのかな、とぼんやりと降りた頃を考えていた。(ここからはより個人的な話が多いです)
元担と呼べるのはおそらくあの頃に降りた1人。Jr.堕ちのきっかけになったものの担当と呼べるほどではなく、ずっと好きだけど漠然と過去に感じる人がもう1人。
私はデビューとほぼ同時に重岡さんを降りた。それでも、心のどこかで何かをまだ抱いていると思っていた。今年、初めてジャニーズWESTになってからのライブに行かせてもらった時、メインで見るのは3年ぶりなのに全く何かを感じることはなくて。ああ、降りたんだな!!!私の人生はもう顕嵐くんのものなんだな!!!と、2年半以上経ってやっと実感した。
重岡さんのことを1回も嫌いだと思ったことはない。この瞬間が耐えられなくて降りる、だなんて思ったこともない。それでも、いつの間にか私の心には違う人が常にいるようになったからお別れしたんだね、やっと気づきました。
降りたきっかけ、と言われてぼんやり浮かぶのはデビューの時。どうしても7WESTが大好きで愛おしくて、4人になってしまってもバランスよく守ってきたのに。という気持ちで押しつぶされそうだった。あけおめ魂で最後に4人並んだシルエットの並びで号泣したのも今となればいい思い出だけど。7人になれてよかった、と最初は思ったけれど、デビューして落ち着いたらやっぱり7人に慣れなくて。4人の中で生まれた格差が嫌で仕方なくて。きっと、どこか逃げたかったんだ。
そんな時、私の目の前に現れた顕嵐くんが無敵にみえた。現場じゃなくても、君に決めた!と思った瞬間が楽しくてウキウキして、ただもっと知りたい気持ちだけで走り抜けていたら1年が経って、この人が大好きだと確信していたら2年が経って。好きでいることへの試練があったのに、ずっと好きという気持ちが加速して3年。
去年の夏。北斗くんはずっと好きだけど、過去の人なんだな、と思ってしまったのも、現場が被っていたのに、顕嵐くんしか私の双眼鏡の先にはいなかった。

だけど、あの時見つけたのは、無敵の人じゃなかったね。自らを強くあるために頑張ってる人。努力の"ど"の字さえも見せないのに、きちんと努力してる人。自分の弱いところを人に見せるのが下手で、常に理想形で人前に立つ人。案外、気高く踊る人。
ずっと見据えるところがブレずにどんなに遠回りでも着実に近づいていくところを感じられるところ。夢を夢のまま終わらせないのだろうな、と確信を持てるところ。なかなか未来の話なんてできない状況だと思うけれど、しっかりと自分の未来を口に出すところ。一緒に走るのがしんどくてやめよう、と思った時にひっぱりあげてくれるところ。次はどんな見たことのない姿を見せてくれるのだろう、と常にウキウキさせてくれるところ。実は等身大の大学生だとバラされてるのも、今俺かっこいい!と思いながらパフォーマンスするのも。新しい君に出会うたびに好きだな〜と思うんだよ。ほんとすごい。

君に決めた!と思わせてくれてありがとう。16歳の顕嵐くん。新しい好きなところをたくさん見せてくれてありがとう。19歳の顕嵐くん。

アイドル 阿部顕嵐を追いかけて3年。
3年前の5月。いっぱい吸収して大きくなろうとする顕嵐くんに出会えてよかった。惹かれてよかった。好きになってよかった。
3年間ずっと感動も喜びも与えてくれて、時には涙を流したこともあったけれど、それさえもいい思い出です。
もう3年、されど3年。これからも、たくさんの新しい阿部顕嵐くんに出会えることを楽しみにして。

今年、顕嵐くんに会えるのはもう20歳のトンボだけど、きっと10代最後まで気高く踊っててくれるよね。信じています。
19歳から20歳になるこの1年を深く追えないことを悲しく思いながらも、きっと次アイドルしてる姿を見れた時も、顕嵐くんなら新しくも懐かしく思わせれくれるんだろうな。と期待しか持たないことにします。20歳という数字に頭は悩ませるけど。

最後に
会う度に綺麗になっていく 今キミに恋してる!

幸せ願う歌よ 響き渡れ

 

ブログを開設して1年が経ったみたいです。はてなブログからメールが来て気づきました。

 

改めてこの1年たくさん好きを更新し続けてくれた顕嵐くんに感謝。

2/28のABC-Z 今夜はJ's倶楽部 を聞いて、顕嵐くんの感性が言葉がやっぱりかっこよくて素晴らしくて好きになってよかったなあ、と。

 

「一問一答!本音で答えます!」

たった1分間に私が今まで見てきたたくさんの顕嵐くんが詰まってる気がしてなんだか胸にくるものがあったので、ここを中心に。

今年挑戦したいものは? 「舞台」

塚ちゃんも言ってくれてたけど、すでにやるって決まってる舞台をやりたいことに挙げたのは天然もあるんだろうけど、意気込みを感じられて、私は浮かれてたけど、顕嵐くんは相変わらず地に足つけられる人だなあ、と思ったりした。

仕事の時に心がけていることは?「謙虚」

この後また話題にすると思うけど、唯一やったことのないメディアが映画だけ、という顕嵐くんは正直、恵まれてるとは思うし、お顔も誰よりもかっこよくて(フィルターは自覚してる)、主演ドラマも乗り越えて。それでも「謙虚」と口に出して言えることがどれだけかっこいいことであるか。だった漢字2文字ではあるけれど、口に出すのは難しいと思っていて。ただただかっこいいなあ、と。

10代のうちにやっておきたいことは?「映画の出演」

唯一やったことのないメディアである映画。Jr.カレンダーにも2017年3月までの目標に映画出演と書いていたから、ほんとにこの1年でやらせてあげたかった。私たちが動いてどうにかなる問題ではないと思うけれど。映画独特の雰囲気や、作り込み方があるので、手間かけて作られた世界にいる顕嵐くんはどれだけ美しいのだろう、早く観たいなあ、と思う。ただ単純に、映画が好きなので大きいシアターで顕嵐くんを観たい。成長もできるだろうし!

他のJr.にここだけは負けないと思うことは?「全部です」

いつもここだけは負けないと思うところで、全部という顕嵐くん。その後のコメントで大概「気持ちでは全部負けてないです。」と言い切る顕嵐くんが好き。すごく好き。負けてないつもり、とかの言い回しもできると思うけど、負けてないです(断定)だもん。かっこいい。簡単に口で言ってるように思うけれど、全くそんなことないんだろうなあ、と。阿部顕嵐であるために本人はたくさん努力してるだろうし、苦労のくの字も見せずに言い切るところが好き。

 

1回ABC-Z全員と付き合ってみる顕嵐くんも、橋本くんに俺だろ!と言われちゃうところも、えーーーっ、んーーー、と答えようとしてる姿も、すごくすごく素敵だった。河合くんに対してすぐ言い換えられるところも、他の回答は男子大学生らしいところも、魅力として映ってたと思う。

 

顕嵐くんのリクエスト曲が、ABC-ZのDREAMIN'!! でした。

深夜0時の鐘を かき消すぐらいに 幸せ願う歌よ 響き渡れ

ここが好きという顕嵐くん。相変わらず、シンプルに人としてキラキラしていて、この部分が好きだとはっきり言える19歳って素晴らしいと思うの。顕嵐くんの感性が大好きだなあ、と何回目だろう。また実感させられた。まず、この歌自体がポップでキャッチーなのに歌詞が考えさせられるような、深いもので。すごいいい歌詞だなあ、とSLTでピョンピョン飛ぶ顕嵐くんを見てから思っていたところに本人から好きという発言。

すごく嬉しかった。この話をしていると感情がどんどん押し寄せて自分の言いたいことがわからなくなるけれど、リアルに生きる王子様みたいな感性を持ってる人を好きになって本当によかった、と心の底から思えたよ。

私、阿部顕嵐くんを好きになってほんとによかったよ。ミュージカルが決まった時にとても感じた。ほんとに好きになって、ここまでついてきてよかった。

何度も心が折れそうになっても、こうやってこっちおいでよ。というように離れたくないと思わせてくれる顕嵐くんが私はやっぱり大好きです。

  

胸キュン言って、めっちゃ緊張しました(へらへら)の顕嵐くんも、「あらんにおしえて!」って自らタイトルコールであらんっていうところも全部が全部可愛かったよ>< 好きな顕嵐くんがたくさん詰まっててすごい幸せでした。

 

ABC-Zさんの独特のあたたかい雰囲気がやっぱりいいなあ、とSLTに続き思ったラジオでもありました。

 

改めて、ミュージカル魔女の宅急便決定おめでとう。たくさん成長すると思う。まさかの19歳〜20歳にかけて演じる「トンボ」。きっと顕嵐くんの人生で大切な期間になる、今を観られることに感謝しています。

ほんとうにおめでとう!!!!!

 

 

方向示し続ける僕のノート

 

34歳の貴方は幸せでしたか?

 

私は、34歳の貴方にもたくさんの幸せをもらいました。幸せだけじゃない、たくさんの勇気と希望と1歩踏み出す後押しも。貴方に何回も助けられて、何回も改めて好きになって。

 

そんな私の願いは、貴方が幸せな日々を過ごすことです。

 

仕事もできて、顔もかっこよくて真面目で名前までかっこよくて、パーフェクトに見えるけれど全くそんなことない。

できないことがあれば、努力して努力しまくって、やっとできるようにするところ。

 

尖ってた時期。嵐が伸び悩んでいたあの頃をきっと一度も忘れたことなんてなくて。認めてもらうには売れるしかなかった。実力を証明するしかなかった。

嵐のみんなが同じ気持ちで向かっていただろうけど、貴方の燃やす情熱がきっと尖らしたんだろうな、って思う。

同じ時代を生きてないから詳しくは言えないけれど。

あの頃に書くリリックは想いが溢れ出していて。上に上に、いけるところまでいってやろう、俺たちとファンのみんなでてっぺん取りにかかろうよ、と取れるような歌詞で。

今は5人で歌う曲を書いたら嵐の話になって。丸くなったなあって(笑)

丸くなったと言っても何も根底は変わっていなくて。ずっと思うことをラップにのっけて届けている。

静かに燃やす情熱は何も変わらなくて、できなければやるまでやる。諦めない。それが普通。そんな風に思ってるのだろうと、勝手に深読みしてる。

いつの時代も紡ぎ出される言葉が好きです。

 

チケットが余っていたあの頃があるからかもしれない。もうチケットが取れないとまでも言われていても、 どの会場でも端の端まで埋まっていることをいつまでも当たり前だなんて思わない人。

この間、貴方の2階席奥を眺める顔がすごく好きということに初めて気づいた。

この先ずっと、貴方の見る世界は綺麗で美しいものであってほしい。輝いた世界を見続けてほしい。

 

ただただ顔がすごく好きというところから始まったけれど、人生の半分以上好きで埋められているのには、取り組む姿勢だったりたくさんの要素があって好きなんだろうな、と。

 

34歳の貴方にはたくさん好きを募らせた。勝手にたくさん励まされてたくさん勇気をもらって。ずっと、好きを積もらせた先に何が待っているのかはわからないけれど、35歳の貴方もさらに降り積もらせるのだろうな、と未来がまるで見えるみたいに予測できる。

35歳まで好きでいるなんて、これっぽっちも思ってなかったよ。それでも、今でもずっと私を多幸感で包んでくれるのは貴方を含めた嵐さんだけだから。

これからも、ずっと好きでいたいと思う。

 

改めて、櫻井翔さんお誕生日おめでとうございます。

35歳の翔くんが幸せでありますように。素敵な1年になりますように。

君だけが君らしいから

 

最近、ファン求めてるものと、君の表現が噛み合ってない気がすることがある。

きっと、大きなずれじゃない。君は需要もファンが見たい姿もきっとわかっているし、いつも遅かれ早かれ実現してくれる人だと思ってる。感じるずれもファンの総意に対してのずれではないし、むしろ今の君を好きになった人にとっては、ずれなんて感じないと思う。

 

個人的な話になるけれど、2年弱ぶりにやっと昔からの親友(非オタ)とゆっくり過ごせる時間があった。その子とずっと一緒にいれたのは、顕嵐くんが主にセクボとトラジャの両方いた頃だったかな。だから、報告として顕嵐くんがユニット移籍しました。って話をした時に、マスピとスリルを見せた。その後、「スリルの方が素で表現してる感じするよね」って言われて。

オタクじゃなくても、感じるものがあるんだな、というか、正直、びっくりした。

マスピ見て、「顕嵐くんめっちゃダンス上手くなった!」って褒められたことも嬉しかったけど、それ以上にびっくりした。

 

素に戻れるところが素晴らしいわけじゃない。だけど、きっと今の君を創りあげている根本には良くも悪くも「キャーポイントを稼げ」という言葉が影響してるのではないかと考えてしまって。

君がこの言葉を任せられて嬉しい。きちんと役割があって、それをこなして。その姿が誇らしくも思うし、役割を明確に与えてくれた安井くんに感謝している。

だけど、真正面から私がその言葉を受け入れられないのは何でだろう。

私は君に好きなようにやりたいようにやってほしいと思っているからかな?良くも悪くもこの言葉が頭から離れない。

 

往生際悪いヲタクだと思うし、いつまでもこんなこと言ってる自分がすごく嫌。

だけど、私は未だに弟組のことを天才だと思い返してしまう瞬間がなくならない。

いきなり話ぶっ飛んだけど、やっと、精神的にスリルをテレビで見られるようになった。戻りたくなってしまうから。前だけを見たいから。過去は振り返らないでおこうって思ってずっと封印してた。

でも年変わったから大丈夫だと思って見てしまったら、相変わらず弟組って天才……なんて声に出ていて。

100回は見てるだろうスリルを見返しても、まだまだ見るたびに君の好きなところは増えていって。

弟組のどこが天才なの?と聞かれたら

何も言わなくても自分のやることがわかっていて。どうすればファンのみんなが喜ぶかを直感的に理解していて。自分たちの目指す場所、ベクトルが一致しているから、たまに内向いて笑いあえばスクラム組んで上へ目指せたところ。

ってよく何言ってるかわからないけど出てくる答えが私の中で決まっている。

弟組は自分たちらしく、みんながみんな自分らしくやっていって、上手くバランスが成り立ってたんだな。

 

Love-tuneとしての方向性は何も間違っていない。7人でスクラム組んで上がれていると思う。結成して長くなくても、その部分は他のユニットには負けないと思う。個人の役割も何も間違いはない。君にみんながカッコ良さを求めるのはわかる。わかりすぎる。だってかっこいいもん。

だけど、たまには可愛い姿が見たいなって。素の笑顔が見たいって。

君の笑顔は世界を救えると思うから。

だから、TVガイドさんのキャッチフレーズが嬉しかった。

気付けば誰もが虜に!キラースマイル炸裂

その通りで、最近少クラでもやっと笑顔が増えたと思うし、かっこつけたい時にはかっこつけて。笑いたい時には笑って。そんな風に振舞ってくれるのがファンにとっての1番の幸せなんだよなあ。

 

ただただ、君が幸せそうに踊るのが楽しいって表情をして舞う姿が好き。無駄にかっこつけてパフォーマンスする必要なんてないぐらいに元からかっこいいところがたくさんあるよ。私自身、少し遠くの席から双眼鏡で全身を見て、こんなステップの時にはこんな顔するんだ、ってことを感じる瞬間が好き。踊りたいように、つけたいように表現すればいい。

君は、何をしていてもかっこいいよ。そのままで十分人を沸かせられる力を持ってるよ。

言いたいことがまとまっていないけれど、最後に言いたいことは、夢を見させてくれるアイドル阿部顕嵐は最高だよ。そして、ただその背中を信じてついていく。それだけは何も変わらない事実だよ。

 

きみだけがきみらしいから - 松本潤「Baby Blue」より

 

 

2016

 

やっぱり2016年中に書くべきだった、と思いながら、2017年になって2日経って思い返して文を書こうと思ったからしょうがない。

 

自分の中でも外でもたくさんの変化があった年だと思う。

個人的には、状況と年齢が相まって茶の間が現場に少しは繰り出せた年だったかな。

大の字に寝転がって楽しかった!とは言えないしこんなに泣いてこんなに喜んだことはないってぐらい、喜怒哀楽が激しかった。情緒不安定だったかな、そんなことはないんだけどな。でも振り返れば充実してて楽しかったから万歳。

 

顕嵐くんのことをすごくすごく好きになった年でもあった。

滝翼で何故かいきなりトラジャちゃんのことが大好きになって、わー!!!って勢いでブログ作成したけれど、後に自分の将来のために文を書くように変えたから、最初の文体が実は気に入っていません。(小声)

顕嵐くんのことが書きたくて始めたからどうしてもそっちよりの話が多くなるけど、翔くんに対してもいろいろ想い方が変わった気がする。というか、自分の中での翔くんの立ち位置に気づいたということだと思うけど。

いつの間にか深読みマンになってたから、翔くんのこともどんどん深読みしてしまうようになって。あゆはぴ大阪ではだいぶ深読み拗らせた。書こうと思ったけど、あの美しい横顔は自分だけでしまっておこうと思う。翔くんは初心を忘れることはないと確信したし、いつもいつもたくさんの人に感謝しながら生きてるからあんなに誠実なんだろうな、と思う。

私の中で嵐さんを見ていればいつでも笑えるし、いつでも幸せになれるなあ、って気づいた。

やっぱり5人が支えで、生きる希望。これからも大好きです。

体感として、この1年でたくさんの人が5人から離れてしまったように思うけど、大好きな5人の姿が年の最後に見られて、離れなくてよかったと心から思えた。

いつまでも、どんなに大きくなってしまっても、5人で内向いて笑いあえるグループでいてね。ずっとその姿を1番に見させてね。

しょうくんに願うとすれば、身体には気をつけて無理せず、でも好きなようにやってください。ただその背中を追いかけさせてください。ってことぐらいかな…

 

 

顕嵐くんの話書いてたつもりなのにいつの間にか翔くんと5人の話してた。

 

顕嵐くんに関してはたくさん言いたいことあるよ。顕嵐くんに対してじゃなくて、独り言として。

言い出したらキリがないし、自分の気持ちが嫌になってしまうから今はもう何も言わない。いつかデビューした時に、全部出せたら幸せかな!!!と思う。

今の姿を見ていて、4年間が無駄じゃなかったと思えるだけで、ステージで美しく輝いてくれるだけでいいんだよね。

私は顕嵐くんに誰かに指図されるんじゃなくてやりたいように、自分の魅せたいものを魅せる人であり続けて欲しい。

それを願うのみかな。

たくさんくしゃって笑う笑顔が見たいとは思うし、ガッシガシに踊って欲しい。誰かのバックにもついて大量に吸収して欲しい。とかたくさん思うけど、それがなあなあになったりしたら嫌だから。どんな仕事でもそんな風にする人ではないとわかっているけど。顕嵐くんのやりたいことと希望が被ってくれたら有難いな。ってぐらいにしておく。たくさん希望は言うけど!言霊だから!

 

たくさんの変化があった2016年を駆け抜けきった顕嵐くんは強い。きっと何があっても大丈夫だから。アイドル阿部顕嵐をこれからもたくさん発信し続けてください。一生ステージ上が君には似合うよ!

最近気づいたけれど、私は顕嵐くんに勇気をもらって生きてると思う。顕嵐くんが頑張ってたら私も頑張らなきゃって思うし、姿が見れなくても頑張れる。

言いたいことも想うこともたくさんあるから言葉が支離滅裂な上に出てこないんだけど、何があっても大好きだと思わせてくれてありがとう。

 

 

2017年はJr.祭り以降ぐらいは、個人的に忙しくてネットからも遠ざかる予定で現場もほぼ行けなくなってしまうけど、大好きな人たちに励まされて楽しく生きていきたい、と思う。

 

たくさんアイドルに悩まされて感情揺さぶられたけど、結果として大満足で楽しい年だったな!

 

いつも、希望と勇気を与えてくれてありがとう。

大切なもの

勢いだけでちょっと前に書いた記事だけど、消化したくて公開しちゃいます

 

今、君の大切なものはなんですか?

 

顕嵐くんの幸せを願って、顕嵐くんがもっともっと輝けることだけを願った入所記念日。

 

たくさんの顕嵐くんを見ようと思って見てたけれど、ほとんどが弟組。

ああ、私はこの子たちが大好きだったな…この5人にずっと続くであろう夢を見ていたな。なんてもう100回目になろう戯言を並べていた。

顕嵐くんの居場所に永遠を感じたことがなくて。全部好きではあるけれど、ここにずっと顕嵐くんが収まっててほしいと思ったことがなくて。

どこにいても、顕嵐くんの輝きはもっと増すからここじゃ収まらないって思ってしまう。

でも、トラジャ弟組だけはそんな気持ちを持たずに見られた。ここにいるとなんだかホームのような、キラメキが良い方向になるんじゃないかな。なんて。

私の中での5人はすごく綺麗な思い出として残っています。きっと、ずっと、大切なもの。

4年間をここで過ごせてよかったな。

去年のJr.大賞での発言は感動しました。デビューするってことをよく言ってるけれど、座談会で、ああやって誰かいる中で発言することはあまりなかったように思っていたから。

堂々と5人で、デビュー!いいね〜!なんて言える関係性を築き上げた4年間。

Jr.生活で1番長い時間を過ごせたところがこんなにいいところでよかった。

未練がないことはなくて。時折5人の姿を見ては、切なく苦しい思い出に浸り、そしてここにいる姿を経ての今を好きになる。

ずっとずっと、私の大切なものです。

Travis Japanもいつメンも、顕嵐くんが大切にしてきたものは、私にとっても大切なものです。そして、顕嵐くんが大切にしてる今の居場所も私の大切なものであることに変わりはありません。

何が言いたいかなんてわからないけれど。Jr.大賞から卒業できなかったから、Jr.大賞でトップ取れたら嬉しいなんて思います。そのために力を尽くしたい。

来年こそは卒業してますように!

f:id:aaaaai955:20161029143426j:image